Home » bankokuhubu by onda syowyo
bankokuhubu onda syowyo

bankokuhubu

onda syowyo

Published December 20th 2014
ISBN :
Kindle Edition
26 pages
Enter the sum

 About the Book 

NHK大河ドラマ「秀吉」「利家とまつ」の脚本家竹山洋氏が推薦!歴代上位の高視聴率を記録したNHK大河ドラマ「秀吉」や「利家とまつ 加賀百万石物語」の脚本家である竹山洋氏より、推薦コメントをいただきました。「脳疾患再発を克服しつつ執筆活動を続ける不屈の作家が、今迄にない信長像を描いた歴史ファンタジーである。」【作品紹介(お試し版)】明智光秀の謀反により本能寺で死んだはずの織田信長は、バテレンの通詞であったルイス・フロイスの機転により睡眠薬を飲まされ、本能寺から脱出。More<NHK大河ドラマ「秀吉」「利家とまつ」の脚本家竹山洋氏が推薦!>歴代上位の高視聴率を記録したNHK大河ドラマ「秀吉」や「利家とまつ ~加賀百万石物語~」の脚本家である竹山洋氏より、推薦コメントをいただきました。「脳疾患再発を克服しつつ執筆活動を続ける不屈の作家が、今迄にない信長像を描いた歴史ファンタジーである。」【作品紹介(お試し版)】明智光秀の謀反により本能寺で死んだはずの織田信長は、バテレンの通詞であったルイス・フロイスの機転により睡眠薬を飲まされ、本能寺から脱出。淀川を下って堺の港に停泊していたポルトガルの貿易船に乗せられ、海へ逃されていた。デウスを唯一の神と信じるバテレンたちは、自分のことを神と呼ぶ信長の存在が邪魔になっていた。彼らが陰謀を巡らせ明智光秀や諸将をそそのかし仕組んだのが、本能寺の変だったのだ。九死に一生を得た信長は、これは天命だと受け入れ、この機会に世界を見てみようぞ、と運命を受け入れる。しかし、乗せられたポルトガル貿易船は、実は日本人の奴隷貿易船だった。信長の新たな天下布武は、その奴隷貿易船を奪取することから始まりを告げる。【恩田将葉プロフィーӤ